「 ペイフレックス あとリボ for Business 」って何だ ?! アメックスビジネスカードの新たな支払い方法を徹底調査 !!

どうもギシです。

私一応自営業というか、小さな会社を経営しているので、アメックスのビジネスカードというのを所持しています。

アメックスは基本的に1回払いのみのカードで、分割払いはできません。

個人向けのカードであれば「ペイフレックスあとリボ」というサービスを利用して、リボルビング払いをする事が可能でした。

ただビジネスカードにはそのようなサービスはありませんでした。

そんな中ある日突然封筒が届きます。重要書類在中と書いてある封筒には、

ビジネスに新しいお支払いの選択肢

「ペイフレックス あとリボ for Business 」サービス開始のお知らせ

の文字が。

そう !! ついにビジネスカードでもペイフレックス あとリボがスタートしたのです !!

ということで、本日はこの「ペイフレック あとリボ for Business 」について、ぶっちゃけ使った方が良いのか、使わない方が良いのかを深めて、色々調べたことをまとめておこうと思います。

 

ペイフレック あとリボ for Business とは ?!

「ペイフレックス あとリボ for Business」は、ビジネス目的で利用したカード利用額のうち、自分が希望する金額分をリボ払いにできる新しいサービスです。

自動的に利用額がリボ払いになるというものではありません。

この「ペイフレックス あとリボ for Business」はカード付帯の基本機能という位置付けなので、特にこちらから申込むことなく利用可能です。

実際はアメックス側で審査をしたうえで、順次利用登録完了の書面が送られ、その書面が到着して以降、「ペイフレックス あとリボ for Business」を利用することができるようになります。

先ほども登場したこちらの画像のような封筒で通知されます。

利用条件や利用方法は? 返済方法は?

「ペイフレックス あとリボ for Business」の利用条件は個人によって異なるようです。

先ほどの封筒の中にはこのような「ペイフレックスご利用条件」の案内が同封されています。

私は「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」を利用しており、ペイフレックスの利用可能枠は「 1,500,000 円 」とのことです。

アメックスのホームページでは、この利用可能枠について「 30万円〜最高500万円 」の範囲で設定しているとアナウンスがありました。

同じくアメックスのビジネスカードを利用されている方はどのくらいの枠なのでしょうか?

ちょっと気になりますね

さて無事利用枠が設定され、いざ利用しよう!! と思った時はめちゃくちゃ簡単に「あとリボ」のサービスを利用できます。

まずはオンライン・サービスにログインし、「ご利用状況」をクリックします。

するとこのような画面が表示されます。

この画面を少し下にいくと

「ペイフレックスご利用可能金額」という文字と利用可能額が表示されています。これが表示されていれば、間違いなく「ペイフレックス」が利用できるということを意味します(表示されていない場合は、現時点でペイフレックスの登録がなされていない事を意味します。)。

そしてさらに下に行くと、

「あとリボを利用する」というボタンが出現しますので、そちらをクリックします。

するとこのような画面が表示されます。すでに確定済みの請求か、未確定分を選択し、自分が「あとリボ」にしたい利用分にチェックを入れて申込をします。

簡単に申込できるのはGOODポイントですよね !!

デメリットは ?!

便利な支払い方法である「ペイフレックス あとリボ for Business」ですが、デメリットを挙げるとしたらやはりその金利の高さではないでしょうか。

例えば50万円分をリボルビング払いにしたとします。

アメックスのカード締日の翌日にリボルビング払いの設定をしたとし、カード支払い日は毎月10日だったとします。

具体例として、4月21日〜5月20日までを考えると、

4月21日〜5月9日までの19日間はリボルビング払いの残高が50,000円、5月10日〜5月20日までの11日間は残高477,245円として扱われ、それらの手数料が、

500,000円 × 14.9% × 19日 ÷ 365日 + 477,245円 × 14.9% × 11日 ÷ 365日 =6,021円

となり、25,000円の返済額のうち、元金の返済に充当されるのは、

25,000円ー6,021円=18,979円

となります。

これでは返済しても返済しても残高が全然減らない感じになってしまいますね。

どういった人に向いているの?

以上の事から、一時的に資金繰りに余裕をもたせたい人が使用するのに向いているサービスなのではないかと思います。

ある程度のタイミングで一括返済してしまう。

その見通しもある程度たっている。

そうい状態ではなく、資金繰りに困窮し、一括返済は当分難しいという方は、泥沼にハマる事がないよう、「ペイフレックス あとリボ for Business」の利用は避けた方が良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です