バルセロナ「ディスフルタール」。そこは伝説のレストラン「エル・ブジ」の世界観を今でも体験できる場

「世界一予約が取れないレストラン」として知られていたエル・ブジ。

2011年に閉店してしまったエル・ブジで長年働いていたシェフ3人がオープンさせたのが「ディスフルタール」。

2014年末のオープン以来、「エル・ブジ」を彷彿させる料理が楽しめると評判になり、翌年にはミシュラン1つ星を獲得したお店。

「エル・ブジのコピー」と揶揄されていたりするそうですが、僕はエル・ブジに行ったことないからノー問題。ということで予約。

ちなみに予約は日本でして、2日前にリコンファームの電話がかかってきました。

IMG_4857

頼んだのは ” CLASSIC ” コース(105€)もうちょい高いコースもありましたけど、基本的に酒飲みは量が食べられないので、多分これぐらいがちょうどいいはず..。

1品目「 フローズンカクテル with パッションフルーツ, ラム, コーヒー」

 

IMG_4864

ふわっふわっで何とも複雑な味わい。

 2品目「大地から出でしテンサイ」

IMG_4867

スタッフの方がお皿をフルフルっとすると、土の中からテンサイが出てくるという演出付き。
メレンゲの焼き菓子みたいにふわっふわっ。
美味しさを理解する前に完食

3品目「ライチと薔薇 with ジン」

IMG_5302

ライチ冷たい。
食べ放題のお店で、凍ったライチがデザートにあるとテンションが上がるタイプです。

4品目「胡桃の塩漬けキャンディーとマンゴー, トンカ豆とウイスキー」

IMG_4875

何やら謎めいた箱が運ばれてきます。この箱を開けると、

IMG_5305

胡桃とマンゴー。下は塩です。

マンゴーふりかけれているトンカ豆とウイスキーがなかなかいい感じ。

 5品目「 Multipescadito frito 新鮮ないくらと一緒に」

IMG_5306
IMG_5307

ふわふわの煎餅にいくらつけて食べる感じ。塩塩していて美味しい。

6品目「Disfruta de la aceitune(オリーブの楽しみ?!)」

IMG_5308

例のあれです。普通のオリーブと思いきや、食べるとプシャーのやつ。

IMG_4891

最初に緑、次に黒を食べたあと、パンを食べてね!!と言われます。

7品目 「イディアサバル スモークチーズ ビスケット with アップルジュースとセロリ」

IMG_5309

スペインのバスク州およびナバラ州北西部で生産される、ヒツジの乳を原料としたチーズ。

IMG_4893

これを林檎とセロリのジュースとともにいただく。

 8品目「パリパリした卵の卵黄とマッシュルームゼラチン」

IMG_5310

IMG_4907

これは美味しい。

 9品目「マッシュルーム団子」

21

ドライアイスの演出あり。

10品目 「Ceviche deconstruction(セビーチェ再構築?!)」

IMG_4909

この料理をどう訳せばいいか理解不能。だけど、美味しかった。

11品目 「私たちのマカロニ カルボナーラ」

 

IMG_5312

ゼラチンで作られたマカロニのカルボナーラ。味はまさしくカルボナーラ !!
だけどやっぱり普通のパスタのカルボナーラの方が美味しいよね。

12品目 「トマトのポルボロン・アルベキーナオイルのキャビア添え」

IMG_5313

美味しさを理解できず..。

13品目 「液体サラダ」

 

IMG_5314
う〜〜〜ん、健康的

14品目 「ランゴスティーヌのアヒージョ」

 

IMG_5315

ajillo ってアヒージョで合ってますよね ?!

私のアヒージョのイメージとは異なりましたが、大変おいしゅうございました。

15品目 「赤ボラと豚バラ、ナスのニョッキ」

 

IMG_4940

ソースは日本人好みな感じ。これも美味しい。

 

16品目 「モロッコ風の鳩」

IMG_5317

これで料理は終了。続いてデザートが始まります。

17品目 「マンゴー シャーベット サンドイッチ」

IMG_5319

マンゴーシャーベットだけでもいいかなと思ったり…。

18品目 「チーズケーキ コーン」

IMG_5321

ソフトクリームのコーンみたいになっています。中のアイスがまたいい感じ。うます !!

19品目 「チョコレート胡椒, オイルと塩」

IMG_4953

6品目で食べたオリーブのデザート版。次はペッパーです。ヘタの部分は本物で食べたらアカンと言われました。食べたらなんとチョコレートがトローリ!!

こりゃうまい !!

20品目 「ココアとミントのコットン」

IMG_4957
IMG_4959
思わずなんじゃこりゃ?!となった一品。

間違っても白い方食べちゃアカンで!と言われて、ちゃんと茶色いの食べました。

その後、コーヒー。 21:20分ぐらいから始まったディナーも気づけば、日付が変わった0:30分。

3時間にわたり、いろいろ楽しませてもらいました。

料理の美味しさだけでなく「楽しさ」を知ることができた素敵な3時間でした。
また行きたいかと言えば、誰かが奢ってくれるなら行きますっていう感じです !!

Disfrutar


住所: 08036, Carrer de Villarroel, 163, 08036 Barcelona
電話:+34 933 48 68 96

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です